パソコンから恋愛まで、みんなの知識、みんなで教えて!

OKWave

解決済みの質問

【自宅のカーポートに第三者のクルマが衝突!】

久々の参加ですが、宜しくお願い致します。

本日の夕方、自宅のカーポート(Y合掌カーポート)に某会社員(相手方)が運転する車が衝突し、損傷してしまいました。
私はたまたま外にいたので、その衝突までの一部始終を見ていたのですが、相手方が方向変換のために勢いよく車が後退したため、大きな声を出して衝突することを止めることが出来ませんでした。相手方はその車でお客さんの送迎があったため、「速やかに会社へ報告するので連絡があると思います」と言い残し、衝突現場を後にしました。

衝突から1時間後、相手方が務めている会社の本部から謝罪の言葉と今後の修理についての電話があり、「週明けに衝突させてしまった者と一緒に伺いますので謝罪させて下さい」また「会社では保険に加入していますので、保険を使って納得が行くように修理させて頂きたいと思います」という話を受けました。

それから約30分後、相手方の会社が加入する損保会社から電話があり、「施工会社からの請求については、こちらに請求して下さい」と、連絡先を聞きました。

しかし私には、少し引っかかることがあります。

私は、自宅を新築で建てた直後に外構工事とカーポートを設置をしたのですが、先ほど外溝(カーポート設置を含む)の契約書を確認したところ、平成19年11月9日に契約を交わしたものであり、契約から10年2か月が経過していました。提案書、見積書、契約書は全て揃っています。

今回、車が衝突したのは、カーポートの太いメイン支柱ではなく、強風の際等に取り付ける脱着可能な支柱の1本なのですが、その支柱は「く」の字に曲がり、パっと見た感じは「脱着可能な支柱1本のみ交換」すれば元通りじゃない?と一見はそう思います。私も衝突現場を見ていなければ、それで納得するかも知れません。
しかし、私は衝突の瞬間も見ていました。衝突の瞬間、激しい音とともに支柱は「く」の字に曲がり、カーポートの屋根までもがグニャ!っとよじれて曲がって、支柱が地面(コンクリート)のアンカーから応力で外れた瞬間、屋根が上方へと跳ね上がってボンボンと弾みました。その衝撃音で近所の方が何件か窓を開けてこちらを見ていたほどです。

私は、「相手方の事も考えると少しでも軽く済ませてあげたい」と思いたいところですが、今回の衝突で色々な部位によじれ等が生じ、カーポートとしてのバランスが崩れて今後の雨漏り、そして強風時に部品が外れて飛散するのではないのかという不安があります。これではカーポートとしての役割を果たしていません。
これらの事から、私としては「同じカーポートへの交換」なのですが、もう10年以上も前の商品なので、いくらキーワードを入力・検索してもヒットしません。
当然ながら、10年以上前に設置したカーポートなので日焼けや色褪せ、屋根上の汚れと使用感もありますが、私としては無傷で10年以上使用して来たので、カーポートとしての役割を果たせないカーポートは納得がいきません。
もう同じ物が生産していなければ、同等品と交換というのは妥当だと思いますか?

今回、被害に遭ったカーポートは既製品を緻密な計算のもとで設置したものであり、ましてや直近で新車への買い替えも計画していたので、残念でなりません。

投稿日時 - 2018-01-12 23:59:53

QNo.9417771

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

同等品と交換で良いと思いますよ。

ぶつけた人の自腹で直すんじゃないですし。、
掛った費用を会社が加入している損害保険の中からの
支出なんだし、相手側も納得いくまで修理や交換してもらっても
いいというスタンスなんだからそれでいいんじゃないですかね。

部分修理だけしか出ないような保険じゃなさそうだし、
相手も「納得いくまで」と言っているわけで新品全交換が
あなたにとって「納得出来るもの」である以上、それで請求すれば
いいと思います。誰の腹も痛まない・・と思えばいいのです。

投稿日時 - 2018-01-13 11:40:02

お礼

アドバイスありがとうございました。
施工会社が問い合わせたところ、被害に遭ったカーポートは現在は生産されておらず、もう2世代も前の商品でした。その旨を事故を起こしてしまった方に伝えたところ「こちらの過失ですし、私としては後継機にあたる現行のモデルで納得いくように、全交換してもらって結構です」との回答でした。
あとは施工会社が現行モデルで見積もりを保険会社に出し、保険会社のOKが出たら作業になります。

ノーダメージで10年間使用したカーポート。今となっては経年による古さや古臭さはありますが、後継機と全交換となると主支柱部や補助支柱部のコンクリートを大きく剥がさなくてはならないため、その部分に段差が出来ないか気になるところですね。
他にアドバイスいただきました方もありがとうございました。

投稿日時 - 2018-01-15 21:56:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

損傷の状況から交換が必要、もしくは修理不能で交換しか対処不能であれば、【同等品との交換】は妥当だと思います。

「まったく同じもの」への交換は、通常無理です。
同等品ではカーポートとしての役割を果たせないと、客観的かつ明確に第三者に説明して納得させられるとは思えないからです。

とはいえ、あなたは被害者なので「いまついているものと同じように(具体的な要求・・・たとえば合掌部から通常の雨なら水が垂れてこない、家の軒との接続部でぬれずに家に入れる・・・など)してほしい。それなら同等品でもかまわない」と要求されてはどうでしょう。

見栄えなど、損害として評価されない部分では不満もでるかもしれませんが、明らかに不当でないものは「要求するだけ要求してみる」というのも手です。
相手の反応を見て、どこまで譲るか、譲らないか(裁判になって負けても譲れないとごねるか)考えてみればよろしいかと思います。

投稿日時 - 2018-01-15 00:39:17

ANo.7

p-p

>「相手方の事も考えると少しでも軽く済ませてあげたい

それは、相手の会社の支払いではなく保険屋さんの負担なので
遠慮する必要はないと思います。

保険屋さんと相談して可能な範囲で質問者さんが納得できる形になるのが一番だと思います。(仮に10年経ったものが新品になったとしても・・)

>同等品と交換というのは妥当だと思いますか?

そうですね、実際に保険屋さんが手配するわけではなく
金銭での補償金の支払いになり、工事手配は質問者さんになると思います。

投稿日時 - 2018-01-13 14:13:47

ANo.6

強風によりアクリル板が外れてご近所に迷惑を掛ける可能性があります。
撤去後新品を取り付ける方向ではなしをするのが賢明です。
スペースが有れば4本柱の物にするのが良いですね。

投稿日時 - 2018-01-13 12:18:12

ANo.4

以前に外壁(カーポート横)に車でぶつけられた経験から回答します。
現状復帰が出来ない(品番がない、廃盤など)場合は出来るだけ安価で新品にも出来ます。保険屋との交渉で出来ます。つまり見た目だけでは分からない不具合もあり、一部損壊ではない!と証明出来れば良いのです。現場を見に来る保険屋にあちこちのグラグラを見てもらう事です。その上で、もしかしたら差額が出てしまう可能性もあるのですが、そこは駐車場を他に借りたなどして帳尻を合わせるのです。
諦める事はしなくてもいいんです。
資料はある。
だが現物はない。
だからこれに近い物にして、新しくして貰わないと困ると主張し続けて下さい。
決して儲けようとしているわけじゃなく、同じのがないのだから仕方ない!とそこを強調するのです。

私のケースでは見栄えだけなら、事故前より立派になってしまいました(笑)

投稿日時 - 2018-01-13 03:46:27

ANo.3

>私としては「同じカーポートへの交換」なのですが

加害者側が負う責務は「原状回復費用の負担」であり「新品への交換費用の負担」ではありません。

「新品への交換費用の負担を請求できる」のは「原状回復する手段が、新品に交換するしか手段が無い」と言う場合だけ(修理不能の場合か、修理費が高額で修理するより買い替えした方が安く済む場合だけ)です。

>被害に遭ったカーポートは既製品を緻密な計算のもとで設置したもので

残念ですが、そういう部分は考慮されません。

「原状回復」とは「問題なくカーポートがカーポートとして使用できる状態に回復」です。以前と異なるモノになってしまっても「問題なくカーポートがカーポートとして使用できる状態に戻った」のであれば「原状回復した」と言うことになります。

同様に、修理跡が目立ってしまうような雑な修理をされても「問題なくカーポートがカーポートとして使用できる状態に戻った」のであれば「原状回復した」と言うことになります。

>今回の衝突で色々な部位によじれ等が生じ、カーポートとしてのバランスが崩れて今後の雨漏り、そして強風時に部品が外れて飛散するのではないのかという不安があります。

多少、強度や安全性が低下したとしても「問題なくカーポートがカーポートとして使用できる状態に戻った」のであれば「原状回復した」と言うことになります。

また、修理後、雨漏りや部品の飛散が起こったとしても「今回の事故との因果関係が証明できない」のであれば、補償はして貰えません。相手から「雨漏りは老朽化が原因で、事故が起きて居なくても雨漏りしていたのではないか。事故との因果関係が証明できない」と主張されたら反論出来ません。

あとは、相手側の保険が「対物無制限免責なし」なのを祈るしかありません。

投稿日時 - 2018-01-13 02:55:04

ANo.2

業者にその旨を伝えて、修理や補強に必要な費用を十分な根拠を示して見積をしてもらえば良いと思います。

ただ、減価償却もありますので同等品と交換は金額にもよりますが難しいかもしれません。

投稿日時 - 2018-01-13 02:47:28

ANo.1

相手方の事をと書いてるが、相手が保険を使う以上、
5万だろうが100万だろうが相手の負担は変わらない
相手の保険会社に確認した結果、
納得いかなければ裁判なりすれば良いだけ
カーポートの状態は実際見なければ判断できない
被害者側の意見だけでは判断できないのでここで聞いてもあまり意味は無い

投稿日時 - 2018-01-13 01:20:07