パソコンから恋愛まで、みんなの知識、みんなで教えて!

OKWave

締切り済みの質問

何でこの国は酷暑対策をしないのですか?

年々夏の暑さが厳しくなって、今年は38℃とか40℃とか予報が出たりもしてます。
夕立も昔に比べると少ないような気もするし、夜も全然気温が下がらない日が増えました。

しかし気象庁は会見開いて「気を付けて下さい」と言うだけで、なぜ具体的な対策を打たないのですか?
プレミアムなんちゃらみたいな下らない施策を打つ暇があったら、「猛暑日は休み」とか「35℃超えたら屋外作業中止」とか酷暑対策はしないのでしょうか?

投稿日時 - 2018-07-13 15:27:47

QNo.9517876

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

>プレミアムなんちゃらみたいな下らない施策を打つ暇があったら、
それと酷暑対策は全く別の話ですから、比較する事が間違いです。

>「猛暑日は休み」とか「35℃超えたら屋外作業中止」とか酷暑対策はしないのでしょうか?
そんな事で作業を中止してたら、世の中周りません。そんなくだらない対策やってたら、どこの企業も倒産確実ですね。

>しかし気象庁は会見開いて「気を付けて下さい」と言うだけで、なぜ具体的な対策を打たないのですか?
対策する/しないは、最終的に個人の勝手ですから、国が対策する必要もないかと思います。

投稿日時 - 2018-07-13 19:59:19

お礼

別に回らなくていいでしょう。
労働者の我慢に甘えきった日本の消費者に合わせる必要はありません。
生きる為に労働してるのに、労働で命削ったら本末転倒ですからね。

投稿日時 - 2018-07-13 21:03:04

ANo.7

屋外作業中止ですか。たとえば、スーパーに野菜や食品を運ぶ人が休んだら、スーパーに行っても食べ物は買えなくなります。ネットスーパーをはじめ物流も屋外作業です。どうやって食べ物を確保されますか?

働かないと給与はない、それで
 >警察消防救急・社会インフラのような公共性の高い部門には猛暑手当でも出して申し訳ないけど動いてもらって、それ以外は休んでもいいと思いますよ。

ではその手当はどこが負担しますか?それは我々の税金でしょう。元々我々の税金から公共機関を担ってるわけです。給与が少なくなってその手当のために税金取られたら、我々は生活できなくなりますよ。加えて前述のように食べ物も確保できない、どうやって生活しますか?国が負担しますか?その国の負担も元々は我々の税金です。いずれにしろあなたの提案では大きな増税がないと実現しないでしょう。増税賛成なら仕方ありませんけどね。

要はどこかだけ休んだらいろいろ影響は出るのです。社会は回らくなるということです。あなたが猛暑手当出すのなら文句は言いませんけどね。それで生活できるのであれば文句は言いません。普通はできませんけどね。

提案するのはいいことですが、それが現実的に可能なのか、もしそうなったらどんな影響があるのか、いい機会です。まず社会の仕組みを勉強されてから提案しましょう。でないと単なるクレーマーとなってしまいますよ。

投稿日時 - 2018-07-13 19:42:00

お礼

少ない負担で大きな恩恵を受けようとする人がいるから、いつまでもこの国からブラック労働や過労死がなくならないんですよ。

投稿日時 - 2018-07-13 21:01:23

ANo.6

仕事によって、自分たちで考えるしかありませんね。サマ-タイムなども案として出ましたが、最近の酷暑は1時間位ずらしても、関係ない位暑いです。労働の制約は、法律では難しいでしょう。

投稿日時 - 2018-07-13 17:30:22

ANo.5

社会が回らないですよね。
それでも敢えてと言うなら方法はあるかも知れませんが、全てが止まってしまいます。
それでも働かねばならない人は出てきます。
自営業者なんてどうしましょ?
日銭ですから働けないとなれば死活問題です。
そこらを保証したらなぜ自営者だけと言われるのは目に見えてます。
保証はないけど絶対休めでは自営は成り立たないです。

農家さんだってそうですよ。
暑いからと言って働かねば作物がダメになってしまいます。
灼熱のビニールハウス内で作業する人だっているんですよ。

投稿日時 - 2018-07-13 16:44:18

ANo.4

まずどこを基準にするかですよね。全国一斉というのは無理がありますし、全国一斉ならどこの気温を基準にするのだというのがあります。
では各都道府県別では?そうなると群馬県はやたらと操業停止日が増え、スバルの車の納車が遅れます。港がある都道府県でそれが起きたら、物流にも大きな影響となるでしょう。県境をまたいだ途端にどこもお休み、ってのも困りますよね。

屋外作業については支持したい一面もありますが、そうなると高校野球ができなくなるし、真夏になるとマイホームやビルの建設がパタリと止まるのも困る施主が出てくるでしょう。
また、現場作業では日払いの作業員の方も大勢いますから、猛暑による操業停止命令が続くと生活に困る人も出てきます。AKBの握手会の警備バイトをする人もいるのです。

それに質問者さんが掲げるプレミアムフライデーそのものが失敗していますからね。役所が音頭をとるために始めましたが、どこも従っていないですよね。まともな会社なら「月末の金曜日」なんて一番忙しいのにね。

ちなみに沖縄ではあまりに暑いとそれぞれの判断で日中の仕事をやらないことがしばしばあるそうです。まあ仕方がない気がしますよね。でも、それを県外の人たちは「沖縄の人は働かない」という言葉で表現します。過労死するまで働かないといけない国なのですよ。

投稿日時 - 2018-07-13 16:41:34

ANo.3

まぁ、私の見解は全く違いますが、それは置いておくとして。

食べ物や生活用品の値段がいきなり跳ね上がって、当然ながら企業の成績は落ちるので給与は減った状態で暮らしたいと思いますか?というより暮らせますか?電気代や燃料代も跳ね上がりますよ。私は明日物価がすべて倍になっても生きてはいけますが、あなたはどうですか?

私は、すでにリタイアに近い身ですし給与が下がってもというか、もともと給与生活者ではないので毎月決まった給与などありませんでしたけど、あなたはどうですか?国がどうとか言う前に飢え死にしては話にならないと思うのですけど如何ですか?電気が止まれば家にいても熱中症で死んでも不思議はありませんよ。

文句を言う前に自分で出来る方法を考えろ。できない理由を考える暇が有ったらどうにかする方法を考えろというのが私の考え方です。

まぁ、考え方の違いで人それぞれだと思うのですが、批判するだけでは決して前には進みませんよ。批判するなら「こうすればうまくいく」という代案を出すのがルールだとは思いませんか?まぁ、これも人それぞれで考えは違うのでしょうけれど。

投稿日時 - 2018-07-13 16:34:49

お礼

はい、わかりました。

投稿日時 - 2018-07-13 16:42:42

ANo.2

そんなことすれば物流も生産も一気に止まりますよ。例えばあなたがもし電車通勤していいるなら駅のホームで働くのは屋外作業ですから電車も止まりますね。トラックの運転手は冷房の効い車内にいるので除外したとしても、倉庫などでトラックに荷を積んだりおろしたりするフォークリフトのオペレーター屋外作業ですから荷の積み下ろしもできません。建設現場働く作業者も空調など働く前の建物ですからすべて止まります。駐車場の誘導なども屋外なので禁止です。事故が起こっても屋外での現場検証は禁止です。テーマパークや遊園地なども屋外の遊具で働くのは禁止になるでしょうね。農家とか養鶏とか牧畜とかも作業禁止ですかねぇ?間違いなく品不足で入手こんなんで価格が少なくても倍ぐらいには跳ね上がるでしょう。当然、レストランやコンビニの商品なんかも値上げするでしょうね。輸入すればいいというかもしれませんけど、そうした事情を知っていれば売る側も安値で売ることはしませんし、輸送費が乗ってきますから事情はたいして変わらないでしょう。

世の中止まってしまいますよ。

実際に見てみればわかることですが、どこの工場でも必ず屋外作業が主になる部署がありますし、それが止まれば全体が止まります。営業などの業務でも電車が止まれば大打撃でしょう。

まぁ、なんちゃらフライデーとか言うのは机の上でしか物を見られない馬鹿な役人が考えそうなことでくだらないこと考えてる暇が有ったら仕事しろ馬鹿助と言いたくなるのは同じですけどね。

私は産業機械を扱うので数多くの工場を見ていますが、屋外の作業をなくすことはほとんどの工場で無理でしょうし、その作業が止まると他の作業も間違いなく止まります。工場を大きく変えて屋外作業をせずにすべてを空調の効いた状態にするととんでもないコストが掛かるでしょう。物価が間違いなく高くなって質は全く上がらないということが起こりますよ。そして海外に向け他製品にそんなものを上乗せすればだれも買わなくなりますし、あらかじめ契約した物を契約期日に納入しなければペナルティーもかかってきます。

確かに殺人的に暑い日もありますが、そこは役所にどうこう言う前に個人の知恵で対処する方法を考えるべきだと思いますよ。

投稿日時 - 2018-07-13 15:57:32

お礼

安陪政権は物価上げる事に躍起になってるんだから、物流止まって値段上がるのは大歓迎なのでは?(笑)

生きる為に働いてるのに、働いて命削るなんて本末転倒でしょう。
どうせ衰退一直線の斜陽国家なんだから、公的機関以外はもう少し緩く生きてもいいと思いますよ(笑)

投稿日時 - 2018-07-13 16:00:52

ANo.1

猛暑で休みにならないのは、
けしからんとクレームをつける方々がいるためでしょう

工事現場の警備員に熱中症対策のため日陰で椅子に座ってとお願いしたら、それで警備ができるのかとクレームを付ける方々がいるそうなので

猛暑日は市役所も行政サービスも休み、となって住民が文句を言わないなら、役所もそういう施策ができるんじゃないですかね

投稿日時 - 2018-07-13 15:42:30

お礼

警備員にそんなクレームつける人がいるんですか!?暇なんですねぇ…。

内勤の事務職ならいざ知らず、警察消防救急・社会インフラのような公共性の高い部門には猛暑手当でも出して申し訳ないけど動いてもらって、それ以外は休んでもいいと思いますよ。
命に関わる暑さだと言ってるのに、そんな中無理して働く必要もないですよ。
高温多湿のコンクリートジャングルじゃ、木陰でお茶飲みながら休んでも休まらないですし。

投稿日時 - 2018-07-13 16:08:00