パソコンから恋愛まで、みんなの知識、みんなで教えて!

OKWave

締切り済みの質問

結局、悪党(強者)が勝つのですかね?

人間社会を生物社会学的に見る人がいないせいか、社会カテで質問しましたが的確な回答が得られませんでした。あらためてこのカテで質問してみます。
悪党=自己の利益のために他人の利益を奪う人、共生を考えない人。

NHKの「自然の営み」なんて番組をよく見るんですが、結局は強い動物が弱い動物の命を奪って自らが生き延びてるんですよね。自然界の食物連鎖です。
食物連鎖の頂点にいるヒトは当然あらゆる動物を食べて当然としていますが、ここで分からないことがあります。人間は他の動物を餌食にするだけでなく、同じヒト科の弱い人たちも餌食にして生きようとしますね。
動物の場合は腹が一杯になったら、それ以上は殺しませんが、人間の場合は欲望がストップせず、殺し続けます。
人間社会に目を向けて下さい。地球上の大部分の国でそうなっています。現在の日本が特にそうですし、アメリカもそうです。1%の富裕層と権力者が、富を追求し続け他の弱者を殺し続けています。具体的には過労死を既に量産しているのに更に追い打ちをかけるような法律を通したり、アメリカでは1日100人が病院に行けずに死んでいたり、細かいことは堤未果さんの「貧困大国アメリカ」に一杯出ています。
善意の人々が反抗しているのですが、結果的には多くの国で悪党がほとんどし放題の社会になっています。途上国に住みましたが、日本よりもっとヒドイです。
ライオンや虎が強いように、人間社会では悪党が生物学的に優性なのか、生命力旺盛でアグレッシブです。かつ、ライオンと違ってどこまでも富を追求し続けます。
善意の人々には人間としてのモラルがありますが、悪党にはありません。それが彼らを強味です。我々フツーの人間は他人を踏み潰すことは出来ませんが、彼らは出来るようです。嘘も平気で付ける人種のようです。
人間社会を生物学的に見た場合、我々フツーの人間は弱者だから、いくら頑張っても結局彼ら悪党には負けてしまうことになるということでしょうか?
公明党も悪党の一味になりましたが、現在の自公政権を見ていると、悪党が勝つのは生物学的な必然で、善意ある人々はひ弱でどうしても勝てないのは仕方のないことなのかなと思ってしまいます。73年前にも悪党集団が日本国民310万人の命を餌食にすることが出来ましたからね。将来また同じようなことになるのですかね?
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-07-18 03:53:04

QNo.9519319

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

私は仮面ライダー黒き明星。
正義ある悪に愚かな人間は太刀打ちできない。
その逆に、君の言う正義無き善良は泣き言でしかない。
君はどこまでも踏みつけられる。
人間からね。

投稿日時 - 2018-07-20 23:11:27

ANo.7

 結局、「弱肉強食」社会のことを言っていると思うのですが、日本がベルギーを脅かしたように、何かそろそろ「強肉弱食」的方法論があってもいい気もします。
 弱小チームが強いチームに勝つ、無名の人たちががんばる、9割の市井の人が1割の上層部を食うような、「空飛ぶタイヤ」あるいはアメフト部的なことも起きています。
 大手上層部がふんぞり返る時代では無くなって来ているのか、そうなってほしい願望も。政治も。

投稿日時 - 2018-07-18 22:57:38

ANo.6

>悪党=自己の利益のために他人の利益を奪う人、共生を考えない人。

そういう定義づけをするなら、野生生物もみんな悪党なんじゃないですかね。ライオンが必要以上に獲物をとらないのは、獲物を保存する術がないからです。狩りって私らが思っている以上に過酷なんですよ。だいたいどの生物でも狩りの成功率は20%とかそんなもんらしいですし、相手から反撃を受けて最悪命を失う恐れもあります。狩りは狩りで命がけなんですよ。それで必要以上にとったところで獲物は保存できないですから、必要以上にやる意味がないですよね。
狩猟採集民族も、獲物は平等に分けてなくなったらとりに行くというスタイルだそうです。彼らには「個人の財産」という概念がないので、手に入ったら分けて食って終わりなのです。中東産油国が石油で手に入れた莫大なお金をただ使うだけでそれを建設的な方向に使わないのも、アラブ民族が狩猟民族だからです。

また「種の保存」つまり生殖が関わることとなると更に利己的です。アザラシなどは強者のオスだけが沢山のメスを占有します。お前、童貞じゃ可哀想だな、じゃあ俺んところのハーレムの一番のブスと交尾してもいいぞ。そんなことは絶対にありません。童貞捨てたきゃ命がけでオス同士で戦わないといけないのです。多くの動物はメスを巡る戦いで殺し合うことまではしませんが、その傷が元で死んでしまうことはよくあるそうで。
ちなみに狩猟採集民族も成人男性の死因の30%は戦死なんだそうです。しかも大抵は女を巡る戦いでの。

「野生生物は利他的であり、人間は利己的である」という認識が間違いです。単に自然生物を人間の勝手な解釈で賛美しているだけです。何しろ当のその生物は本当にそう考えてやっているのかインタビューしていないんですから。勝手に人類が「きっとこうなんだろうな」と思い込んでいるにすぎません。
正しくいうなら、「人間も他の野生生物と同じように利己的である。ただ、他の生物より利他的な行動をあえてとるところがある」でしょうね。

こないだ、NHKの人類史の番組を見ていたらちょっと面白いことをいっていました。人類と、現生人類とはイトコのような関係であるネアンデルタール人。なぜネアンデルタール人が絶滅して人類が生き残ったのか。その謎は未だに解明されてはいませんが、説のひとつとして「人類が宗教を作ったから」と唱える人がいるそうです。
宗教をもった人類は、狭い血縁関係を越えて同じ信仰をもつ人同士が助け合うようになりました。だから環境の変化などがあってもお互いに助け合うことで生き残ることができた。一方、ネアンデルタール人は宗教を持たなかったので(今のところネアンデルタール人が宗教を持っていたと思われる証拠は見つかっていません)狭い血縁関係以上に助け合う習慣がなく、環境の変化に対応できなくなって絶滅したというのです。
もちろんこの説にはまだまだ疑問点も多くありますが、これは「なぜ人類は宗教を『発明』したのか?」にも通じる興味深い話です。この話を前提にするなら、むしろ人類は「利己的に行動することは悪である」という価値観を生み出した唯一の生命体なのかもしれません。

投稿日時 - 2018-07-18 19:25:02

ANo.5

善と悪。というのは、比較対象があるの中から生まれるものですよ。

そもそも、資本主義の資本側を悪とあなたは定義していますが、そうなのでしょうか?

じゃぁ、資本家がいなければあなたはどうやって、収入を得るのでしょう?
あなた自身、自分で収入を得る方法がなく、資本家に寄生して、資本家が資本を投入して得ている収入の中から、吸い上げているということに気がつかれていないのでしょう。

悪党というのなあ、あなたは悪党の仕事に加担しているということも理解されていないということなんでしょうね。

資本家は資本を投入し、仕事を集めて、労働者を集め、その労働者に仕事を提供して、その仕事の対価として、賃金を提供しています。

つまり、あなたのいう善人は、悪人が提供する労働とその対価にあたる賃金をもらって生きている。と言う所を理解されていない様です。

自分で仕事が見つけられるなら、自分で資本家側に行けば良いだけの話であり、それができないから、労働者をやっている。
自分でできないことに対するコンプレックスからの、「愚痴」。でしかない内容だと思いますよ。

投稿日時 - 2018-07-18 14:36:00

ANo.4

悪党=自己の利益のために他人の利益を奪う人、共生を考えない人。

これは、悪党ではなく、資本主義の根本原理ですよね。資本を持つものが労働を、労働を得たものは利益を還元する。共生を考えない人はあてはまりませんが。それは後で。資本主義は、地球の大部分の国が受け入れているので、資本を持つものに利益が還元されるのは当然です。社会主義の国々はあなたと近い理想があったのでしょうが、実質、貧富の差は社会主義の方が顕著に現れていたり(これは特権階級という差別がありますからね。)資本を受け入れないかわりに貧しいままの国もあります。ただ、貧しいままでは、あなたのいう救済はできないですよね。

日本は資本主義の中でも、実体としては社会主義化することに成功しました。今は確かにアメリカよりに舵を切っていますが、水や電気、食料に困らず、家電を持ち、個人や家庭のプライバシーが守られている国なんてそうそうありませんよ。一般人が毎日お風呂に入れるのも、日本くらいなものです。

これだけ資本主義の恩恵を受けて成り立っている生活を当たり前のこととして、善意の人々が反抗している。たしかに善意の人達の理想は、実現化されれば素晴らしいと思います。ただ、下記の事情も考えてみてください。

人が人を餌食にするのがわからないようですが、今世界を牛耳っている、あなたにいわせると悪党にあたる白人やユダヤ人は、差別と迫害を受けてきた人達です。人間は最初全て黒人でした。動物界でもそうですが、稀に白変種が生まれます。異質として白人はアフリカから追い出され、北へと移動せざるおえませんでした。ユダヤ人は能力の高さゆえ、迫害し続けられました。そして今、富と教養という武器で君臨しています。差別は動物の本能であり、迫害されてきた人達が今権力を握っているのです。自分達のルーツを知っていますから、生き残るために手放すわけにはいかないでしょう。生き残るためですから、罪悪感もないでしょう。かつて、自分達が味わってきた理不尽な苦しみに比べれば。富を得るという欲望は、種として生き残るための欲望でもあるのです。そして人間同士の戦いは人種として生き残るためにおこります。

さて、ちょっと話がかわりますが、身体能力で劣っている人間が食物連鎖の頂点にいるのは、変化に対応できるからです。変化に対応できる遺伝子が生物学的には強いのです。

これをふまえて、

人間社会では悪党が生物学的に優性なのか、

あなたのいう悪党が、今は優勢であることに間違いはありません。ただ、追い出された白人が黒人を奴隷にしたり、国を持てなかったユダヤ人が世界をコントロールする日がきたように、長い目でみれば、現在の力関係が永遠に続くことはないと思います。ですので、悪党が生物学的に優位なわけではありません。変化に適応したものが優位に立つのです。

共生について

あなたの言っている共生は、人間同士の共生ですよね。でも、それを実現するには、過去を乗り越え、慈愛の精神に満ちる必要がある。力を手放す覚悟がいる。歴史的に権力を持ったものがそれを自ら放棄することはありませんでした。権力を放棄して感謝されると思いますか?権力を手にした人が、その権力を放棄したら自滅します。権力を得る道筋で苦しませた人達からの迫害です。

自分達のルーツを残すために動く、階級社会ができあがり、のし上がったものは自分からその立場を捨てることはない、人間も動物も根本的には同じです。

資本を持つもの(あなたのいう悪党)にも善意はあります。ただすべてを公平に平等に豊かにするのは、動物的本能からいって無理でしょう。

投稿日時 - 2018-07-18 14:24:12

ANo.3

今の世のなかは悪党が勝つと言うよりも、金持ちがより金を儲ける仕組みになっているのだと思います。金持ちが悪党かと言うと必ずしもそうではなく、巨万の富を慈善事業に投じて還元しようとする人も多いし、最近議論が高まっているベーシックインカムを支持する人たちにも大富豪がたくさんいます。
あくどい人が儲けると言うのはむかしから確かにあるのですが、最近は格差が加速していて、それは自然の営みと言うよりは資本主義や金融システムがグローバル化によって崩れてきて不公平を拡大するシステムになってしまっているからと思います。
安倍政権は景気回復を優先課題に上げて法人税を引き下げたり働き方改革を進めようとしていますが、格差の是正と弱者への救済はその後になっている観があります。ただ、経済は日本だけで閉じておらず国際競争でもあるので、手を打たないと国全体として貧しい国になります。それに国民一人あたりに換算すると800万円分もある国の借金を少なくとも増やさないようにしなければならない。経済よりも格差是正を優先して貧しいけれどみんな平等と言う国作りもあるとは思うのですが、少なくともそう言う政治、政策議論が盛り上がっているわけでもない。せいぜい主張しているのは共産党くらいでしょう。
ところで、日本は所得格差が広がっていて先進国ではアメリカについでいますがそれでも国民皆医療保険があったりそれなりの社会保障もあるので実態としてはまだましです。先進国でもベーシックインカムを始めとしていろいろな試みが行われているので、他国を見て研究する余裕は多少あると思います。それからアメリカほど巨額の資金で政治が動いているわけでもないので、民主的な政治活動で状況を改善する余地も本来あると思うのですが、そこは国民の無関心の問題かと思います。

投稿日時 - 2018-07-18 10:41:24

生物的観点での話という事なら…人間は最も残虐な生物という事だと思います。
残虐な生物の1位人間、2位チンパンジー、3位ライオン…という話もあります。
チンパンジーやライオンは集団リンチや群れを作って戦争をします。
その点は人間の社会性と同じですが、人間の場合は更に欲深いんじゃないでしょうか。
人間社会は欲を深める社会(利権関係性など)が形成されてます。
悪=残虐な遺伝子と欲を深める社会同調性という背景もありますね。
つまり、悪は人間社会が自ずと作りだしているのです。
これだけではないですが…

投稿日時 - 2018-07-18 10:33:56

どこかに「悪は永遠に滅びるために輝いているのです」という一説がかいてありました。フーンと思ってスルーしましたが、ようするに、悪党がいま、どんなに今輝いてるようにみえても、結局は永遠に滅ぼされるためにそうなってるだけ、ということでしょう。まあ、本当かどうかわかりませんが。

投稿日時 - 2018-07-18 09:57:44